【伊藤勝人委員】
 先ほどの答弁において、国に費用の補てんを要望していくと発言したが、費用は国からもらってこなくてはいけない。国からもらえなかった時にはどうするのかという議論になるが、今からそういった姿勢ではいけないと思うので、再度確認する。


【環境部長】
 主幹は要望すると答弁したが、そうではなく、国に対してもっと強く要請を行う。
 環境省の補助制度と総務省の地方交付税措置があり、環境省がその調整を行うことになっているので、環境省には内々に金額も伝えてあり、絶対もらわなければいけないというスタンスである。