本文へスキップ


TEL. 0568-56-3201

〒486-0844 春日井市鳥居松町4-148

写真集PHOTO

写真で見る活動報告(写真をクリックすると大きく表示されます)


2013年1月17日(木)・18日(金)
伊藤かつんど友の会初詣


 今年は豊川稲荷・砥鹿神社参拝と焼津のマグロ料理とイチゴ狩りに出かけてきま
 した。
 初詣の様子をYouTubeでもアップしていますので、是非ご覧下さい。
 早朝からの出発にもかかわらず、多くの皆さんに参加して頂きまして感謝感謝です。
 地区役員の方々にはなんとお礼を言っていいか。
 両日とも無事に終えることが出来、ホッとしております。
 私、一体イチゴをいくつ食べた事でしょう。
 食べ放題という言葉に弱いのは人間の性でして。
 お腹いっぱいにイチゴを詰め込みました。
 周りを見ると皆さん私と同じ状態でイチゴに夢中のようでした。
 こういった中で、皆様からのお願いや宿題をもらうことが多いのですが、今回もたくさ
 んの宿題を頂きました。
 イチゴをほおばりながらでもしっかり覚えてますからね!!
 ご期待に沿えるよう、頑張ります!!


2013年1月14日(月)
春日井市成人式


 本市では2786名の新成人が誕生しました。
 この日はあいにくの大荒れの天気で、振袖を着た女性陣には少し気の毒。
 傘を差し振袖の裾を少し上げて歩く姿に、大人の色気を感じました。
 華やでさわやかな新成人の皆さんの装いや顔に私が成人を迎えた時はどう
 だったかなと思い出していました。
 皆さん気持ち新たに本当にいい顔をしていました。
 おめでとうございます‼!
 しかし、残念な事にこの日の成人式は少し荒れました。
 こんなところで目立つのではなく、自分が本当に輝ける場所・目立てる場所
 を見つけていって欲しいと願います。
 希望にあふれる未来も絶望の未来も自分たちが切り開く未来なのです。


2013年1月13日(日)
第31回新春春日井マラソン大会


 31回を迎えたこの大会。
 準備にあたられた皆様には誠に感謝申し上げます。
 総勢7247名の方が参加され、昨年よりも315名増え大変な賑わいをみせてい
 ました。
 写真を見て頂ければ、熱気が伝わるでしょう。
 この熱気にうちの事務所の伊藤君も来年は参加しますと意気込んでいました。
 私も一緒にと言われましたが、私は遠慮させて頂きます。。。


2013112日(土)
春日井市消防出初式


 日頃、我々が安心して生活出来るのは、消防署員の皆様、地域の皆様の訓練と
 心掛けのおかげです。
 火を消し、危険な場所にも飛び込む消防隊員はかっこいいですね。
 命を懸け、救助に当たる姿には感動を覚えます。
 しかし、それが全てではないのです。
 一番大切なことは防災。
 災害を事前に防ぐという考えが大切です。

 消防隊員は日々の訓練はもちろん、防災活動に一日の大半をかけている
 です。

 災害を未然に防ぐ。
 なかなか目立つ事ではありませんが、私たちの安心安全が守られているのはこ
 うした取り組みがあるからなのです。
 安心安全は日々の取り組みがあってのもの。
 私自身も肝に据えて日々を過ごします。
 と、昨年書かせて頂きました。
 私達はこういった取り組み、訓練の上にある安心を当たり前と思ってはいけません。
 この日、救急隊員の方と救急車の不適正利用はどれくらいあるかという話をしていま
 した。
 その隊員の方は、実感として出動した7割は救急車を呼ぶほどのものではないと感じ
 ると話していました。
 予想外の事が起こる時、人は正常な判断を下せなくなります。
 心配する気持ちは私も大変わかります。
 安心安全の生活を送る為に救助や防災レベルを上げる事も必要です。
 しかし、隊員の方の話を聞いて我々のモラルと判断力、また個人意識を上げる必要も
 あると感じました。
 当たり前という意識が不適正利用につながるのではないでしょうか。


2013111日(金)
八事町鏡開き


 この時期の楽しみがぜんざいです。
 一年の一家円満を願いながら神様にお供えした鏡餅をお下がりとして頂きます。
 ここ八事町では伝統を大切にし、地域の皆さんが顔を合わせ、楽しむ機会として
 様々な行事が行われています。
 私にとってもこの会は皆さんと顔を合わせぜんざいを一緒に頂き、一年の始まり
 と今年の健康を祈る大切な行事となっています。



2013110日(木)
春日井市小中学校PTA研究発表大会


 子ども達を取り巻く環境が年々変化してきています。
 その環境の変化を作り出しているのが、我々大人です。
 その中で子ども達の健全な育成を目指し、PTAが様々な取組をしています。
 今回は高森台小学校PTAによる発表でした。
 研究テーマは「家庭・学校・地域がつながり 子どもを見守る環境をつくる」
 既存の活動を基礎として、無理せず出来る人が出来る事を行う事で地域で
 子ども達を見守る。
 そういった取り組みの一つ一つが安心して生活が出来る環境を作ってい
 ます。
 子ども達を守るのは大人の責任。この取り組みは大変素晴らしいものだと
 改めて感じました。
                        
 しかし、先日考えさせられる事がありました。
 交通安全のボランティアの方が子どもを叱った。
 その事を子どもが親に言いつけ、親が怒鳴り込んできた。
 その結果、警察を呼ぶという事態にまでなったのです。
 善意のボランティア、子どもを守る親、地域とのつながり。
 一体何が正しいのでしょうか。
 この事だけ投げかけさせて頂きます。
 


2013年1月4日
新年名刺交歓会

  新年明けましておめでとうございます。
 今年は政権が変わり、日本を取り戻す希望の年になります。
 私も県から日本を支え、皆様が安心して暮らせる環境の構築に尽力してまいり
 たいと思っております。
 本年も温かいご支援賜れば幸いに存じます。

  年明けから様々なところに出席させて頂いていますが、本年最初の公の会。
 壇上にて、新年のご挨拶をさせて頂きました。
 まず、一昨年に大きな被害を出した豪雨による内津・八田川の対応をどのよう
 に進めているかご説明させて頂きました。
 続いて昨年の県政のご報告、今年の県の進む道をお話しさせて頂きました。
 今年は市政70周年の年であります。
 様々な分野で、皆様のご意見を頂きながら、県として前に進む施策を春日井市
 の発展と組み合わせて、尽力していきたいと思っています。


2012年5月13日
わいわいカーニバル

 第30回を迎えたわいわいカーニバル。
 三又公園、ふれあい緑道、落合公園と連動して行われているこのお祭り。
 今年は
55団体が参加、79の行事が用意されていました。
 子供たちが毎年このお祭りを楽しみにやって来ます。
 この日も多くの子供たちでにぎわっていました。
 自分が子供の時に楽しんだお祭りに自分の子供を連れて親子2代で楽しむ。
 このような文化の継承が春日井市で広がっていくことを願います。
 


2012年5月12日
年金友の会総会

 最近、生涯学習・生涯教育という言葉をよく耳にします。
 しかし、我々世代は趣味を楽しもうという世代ではありませんでした。
 さて、仕事を終えて何をしようとなった時にこの年金友の会が充実した
 情報とサービスの提供をしてくれています。
 地域と世の中と共にこういった会がある事は大変素晴らしい事であると
 思います。


2012年4月29日
如意申コミュニティー 藤まつり


 第12回を迎えたこちらの藤まつり。
 少し早い藤をバックに和服姿の婦人会の皆さんから振る舞われる抹茶を頂き
 ます。
 なかなか粋なまつりでしょう?
 また、花壇には清掃クラブの方々が育てられたパンジーがとてもきれいに咲
 いており、とても癒されました。
 


2012年4月21日
カラオケ発表会

 カラオケ発表会にお邪魔させて頂きました。
 みなさん華やかな衣装を身にまとい、艶やかに歌われていました。
 あぁ、自分が打ち込めるものを見つけるとこうも顔がキラキラするのかと
 驚いたものです。
 みなさんの歌声に私もうっとりと時間を忘れ楽しませて頂きました。


2012年4月15日
細野太郎坊宮秋葉神社奉賛会


 昔から恐れられているものとして“地震・雷・火事・おやじ”と言われてい
 ます。
 特に火事はちょっとしたきっかけで、一瞬で広がり全ての家財を燃やしてし
 まう為恐れられてきました。
 火伏を祀る秋葉様は村ぐるみで信仰し、平穏が祈られてきました。
 ここ細野太郎坊は古くからのこの信仰を今も続けています。
 古くからのこの文化を見に多くの見物の方も見えていました。
 古くから残る春日井市の文化を大切にしていきたいですね。



篠木体育振興会総会

 昨年度の話になりますが、第38回の篠木学区体育祭に関しまして、
 ギリギリまで天候回復を信じていましたが、大雨の為にやむなく中止
 となりました事を今でも大変残念に思っています。
 しかし、当日雨の中、ぬかるんだグラウンドを裸足で元気に笑顔で駆
 けていく子供たちの姿を見た時にこの会の意義を感じました。
 健康・体力作りだけではなく、地域のふれあいの場として篠木地区は
 もとより春日井市の発展のためになくてはならないものだと再認識し
 ました。


2012年4月8日
花長町お花見

 花長町のお花見祭りに参加させて頂きました。
 御神楽保存会による神楽笛などが披露され、老若男女限らずお花見を楽し
 まれていました。
 こういった地域の行事に参加すると必ず宿題を頂きます。
 どんな小さな声もしっかり県政に反映していく。
 私の政治の基本です。


坂下春まつり

 まだこちらの桜は五分咲きといったところでしょうか。
 しかし、この日はとても温かい陽気で多くの家族連れの方々が地域のお祭
 りを楽しまれていました。
 私も踊りや歌を楽しませて頂きました。
 都市化が進み隣人との関わりや地域との関わりが希薄になってきていると
 体感しています。
 その中でこういった様々な行事に参加させて頂きますが、全ての基本は
 地域にあるという事をいつも感じさせられます。



2012年4月6日
春日井養護高等学校入学式

  54名の新入生が春日井養護高等学校に入学しました。
 校長、各来賓とあいさつが続き、在校生からの歌のメッセージと続きました。

 歌の一部抜粋
 あの日描いた夢はいつだって、僕達を待ってる
 夢から逃げていたのは僕の方だった
 気づいてたのに、周りのせいにしてた
 
 可能性をあきらめるな。あきらめなければ出来るんだ。という、熱い
 先輩方からのメッセージに私も心を震わされました。
 頑張れ、新入生
!!


2012年3月20日
31回春日井市スポーツ賞表彰式

 社会に希望を灯すものとしてスポーツの果たす役割は大きい。
 春日井市でも優秀な成績を収められたスポーツ従事者を表彰しま
 した。


2012年3月4日
春日井駐屯地創立45周年記念行事

 昨年は自衛隊の意義というものを大きく感じた年だったと思い
 ます。
 自衛隊が被災地においてどれだけの人を救い、安心を与え、勇
 気づけた事でしょう。
 しかし、我々は決して履き違えてはなりません。
 自衛隊の本分は防衛であります。
 東日本大震災以降も近隣の国々が本国にちょっかいを出してき
 ています。
 平和な日本にいるとなかなか感じにくいですが、平和と安全は当
 たり前にあるものではありません。
 自衛隊は我々の命を守り、国を守る最後の砦として日々活動して
 います。
 自衛隊の是非は色々とありますが、こういった地域交流によって
 自衛隊への理解を深め、平和と安全への意識を高められ、自衛
 隊について考えられる私たち春日井市民は恵まれているのかもし
 れません。


2012年3月3日
養護老人ホーム・特別養護老人ホーム しょうな あさひが丘竣工式

 “足るを知る”という言葉があります。
 昔は家族が親の面倒を見るのが当たり前でした。
 しかし今は、核家族化が進みこういった施設にお願いする家族が
 増えました。
 その背景には高齢化が進み、暮らしが豊かになり個で生活出来る
 様になったという事があります。
 みんなが貧しかった昔は、みんなの力を頼り、寄り添いながら生活
 してきました。
 そう生活しなければならなかったという方が正しいでしょうか。
 今の介護の現状や家族構成の問題は確かにありますが、その背景
 にある豊かさを我々は知らなければなりません。
 しかし、そんな事ばかりを言っていても仕方ありません。
 政治がどう関わり、対処していくか。国を考え、県や市にも反映
 していける様選択と熟考を重ねる必要があります。
 実際に入所者・スタッフは様々な時間を施設内での生活を通じて
 家族同様に過ごしていくわけです。
 第二の家として安心して生活していけるよう県としてもしっかり
 取り組んでいきたいと思います。
 


2012年225
市政報告会

 
 市議の市政報告会に出席させて頂きました。
 震災以降政治への関心が高まっている様に感じます。
 政治が我々の命に直結するという実感が要因ではないでしょ
 うか。
 春日井市でも昨年の9月に台風15号による被害が出ました。
 限られた条件の中で何を最優先でやらなければならないか。
 常に問いかけながら、やっていきます。



2012年218
国政報告会
 
 報告会の冒頭ご挨拶させて頂きました。
 春日井市(愛知6区)は県内唯一、市・県・国の保守のラインが
 確立されている地域です。
 この特性を生かして互いに密に連携を取りながら、皆様の生活
 に反映させていける様、尽力していきます。
 この日も県・市の皆様の要望等をしっかりお伝えしました。



2012年2月11日
春日井市議の市政報告会


 春日井市議の市政報告会に出席させて戴きました。
 あいさつの中で昨年の台風15号の県としての対応を説明させて戴きまし
 た。
 災害等の緊急時の対応、日々の生活の維持・向上を図るためにも県と市
 の連携は欠かせません。
 この関係がスムーズに行くよう今後なお一層、努めてまいります。
 


2012年1月19、20日

 伊藤かつんど友の会初詣


 二日間に分けて諏訪大社に日帰りでに初詣に行ってきました。

 初日は上着がいらないほどの温かさで、信州に来たことを忘れてしまうくらい
 でした。

 二日目は初日と打って変わって、雪景色。

 動画は初日の様子がアップされているのですが、そちらと合わせて見て頂け
 れば違いがわかるはず!!

 大変多くの方にご参加頂き、誠にありがとうございました。

 また、地区役員の方々にはいつもお願いばかりで本当に感謝しております。

 なかなか、顔を合わせてお話が出来る機会が少ないので、日頃お世話にな
 っている皆様と、時間と思い出を共有出来、私自身もとても楽しめました。

 こういった中で、皆様からのお願いや宿題をもらうことが多いのですが、今回
 もたくさんの宿題を頂きました。

 ご期待に沿えるよう、頑張ります!!


2012年1月15日(日)

 歌謡協会発表会


 逵歌謡協会発表会にお邪魔しました。

 私も一曲と行きたいところでしたが、プロ級の皆様を前に歌う勇気はさす
 がにありませんでした・・・。


2012年1月11日(水)
八事鏡割り


 この時期の楽しみの一つに鏡開きの時のぜんざいがあります。

 鏡開きの日には今年1年の一家円満を願いながら、神様に供えた鏡餅を
 お下がりとして頂きます。

 この八事地区は地域で昔ながらの伝統を大切にし、ご近所同士の関わり
 を持ち続けています。

 おいしい手作りぜんざいだけでなく、皆さんと顔を合わせるこの機会を楽し
 みにされている方ばかりで大変和やかに盛り上がっていました。

 甘いものに目がない私はあまりのおいしさに、おかわりまで頂いてしまい
 ました。

 みなさんが楽しみながら、地域の関わりを持つって理想ですね。


2012年1月9日(月)
 平成24年 春日井市成人式

 成人おめでとうございます。

 あなたたちの前には希望が待っています。

 あなたたちはこの国の未来です。

 絶望させないでください。

 絶望させる未来はあなたたちの未来です。

 あなたたちが活躍する頃まで我々がもう少し踏ん張ります。

 だからあなたたちも頑張ってください。

 そんなに難しい顔をしなくてもいいんですよ。

 あなたたちには仲間がいる。

 今までの苦楽を共にし、助けてくれる素晴らしい仲間がいる。

 今まで、身につけた経験、知識を生かし青春を謳歌して下さい。

 そして、もっと沢山の経験をし、学び、多くの仲間を作ってください。

 そしてまた悩み、考え、選択し、あなた自身の道を歩いていってください。

 あなたたちの輝かしい未来を期待しています。


2012年1月7日(土)
 春日井市消防出初式

 身を切る寒さの中、毎年行われる消防出初式。
 今年も寒かった!!
 日頃、我々が安心して生活出来るのは、消防署員の皆様、地域の皆様の
 訓練と心掛けのおかげです。
 火を消し、危険な場所にも飛び込む消防隊員はかっこいいですね。
 命を懸け、救助に当たる姿には感動を覚えます。
 しかし、それが全てではないのです。
 一番大切なことは防災。
 災害を事前に防ぐという考えが大切です。
 消防隊員は日々の訓練はもちろん、防災活動に一日の大半をかけている
 のです。
 災害を未然に防ぐ。
 なかなか目立つ事ではありませんが、私たちの安心安全が守られている
 のはこうした取り組みがあるからなのです。
 安心安全は日々の取り組みがあってのもの。
 私自身も肝に据えて日々を過ごします。


2012年1月4日(水)
 新年名刺交換会 

 本日から役所も仕事始めです。
 今年も皆様にとって良い年でありますように。


2012年1月3日(火)
 新年を祝う八事区民の会

 地域行事が盛んなこちら。
 今年も皆様の変わらない笑顔が見られてうれしく思っております。
 本年もどうぞよろしくお願いします。




バナースペース

伊藤かつんど

〒486-0844
春日井市鳥居松町4-148

TEL 0568-56-3201